裏側矯正

裏側矯正
(見えない矯正)について

裏側矯正(見えない矯正)について

裏側矯正とは

矯正装置(ブラケット)を歯の表側に付けるのではなく、舌側(歯の裏側)に装着して、ワイヤーを使用して歯をならべる矯正治療です。

裏側矯正の
メリットとデメリット

裏側矯正のメリットとデメリット

メリット

  • お口を大きく開けない限り全く見えない
  • 舌癖の抑制効果が期待できる

デメリット

  • 費用が高い
  • 治療期間が長くなりやすい
  • 毎回の処置時間が長い
  • しゃべりにくい、口内炎ができやすい
  • 歯磨きがしにくい
  • 適応症例が限られる

裏側矯正はこんな方にオススメ

目立たないことが裏側矯正の一番のメリットですので、とにかく矯正治療を行っていることを周囲に知られたくない方、また、長時間のマウスピースの使用に自信がない患者様におすすめです。

裏側矯正で注意すること

表側矯正とは違い、見えにくい裏側での処置になりますので技術的にはやや難しくなります。また、基本的な考え方は表側矯正と同じですが、裏側特有の副作用(歯の動きの反作用)も起こることがありますので、注意して治療する必要があります。

当院の裏側矯正の特徴

裏側矯正はまず歯型を採り、歯の形態に合わせて完全オーダーメイドで装置を作製します。型取りは精密でなければならないため、固まるまでに時間がかかる、気泡が入った場合はやり直しが必要等、患者様にとって大変な思いをさせてしまうことがあります。しかしながら、当院では口腔内スキャンを用いてデジタル模型から装置を作成しますので、必要な型取りの回数の減少と装置の精度の向上が期待できます。

裏側矯正が
できるケース/できないケース

できるケース

ほとんどのケースを治療可能ですが、難症例ではより治療期間が長期化する傾向があるため、おすすめしていません。

できないケース

装置装着ができない方(嘔吐反射が著しい、歯の高さが装置の大きさより低い、かみ合わせがあまりにも深い等の場合)はお断りさせていただくことがあります。

年齢制限

永久歯列(概ね12歳以降)であれば年齢制限はありません。

よくあるご質問・ご相談

よくあるご質問・ご相談

裏側に装置をつけると
話しづらくなりますか?

ブラケット装置が歯の裏側に付くため、装置を付けたばかりの頃は舌に違和感を覚え「話しにくい」と感じます。人が話すときは舌を使い、矯正装置をつけると舌を置くスペースが狭くなるからです。また、舌が滑らかに動くことで発音を行いますが、矯正装置があることで舌が動きにくくなることも、滑舌が悪くなる原因のひとつです。特に、舌を上の前歯の歯茎付近に付けて発音する、サ行やタ行、ラ行の場合にはいつものように発音できずに舌足らずな印象になることがあります。

裏側に装置をつけると
舌にブラケットがあたって
痛くないですか?

今までなかった部位にブラケット装置が装着させるため、舌が装置自体にあたって口内炎ができたり、ワイヤーに刺ささったりして痛いことがあります。口内炎は慣れてくれば減って行きますが、ワイヤーに刺さる場合は医院で処置する必要がありますので気になる場合はすぐに連絡してください。

部分矯正治療の流れ

  1. カウンセリング

    はじめにお口の中を拝見させていただき、その後、お口やお顔の写真、簡単なレントゲンを撮影します。その資料をもとに予想される治療や装置、治療の流れ、料金等について詳しくご説明いたします。
    撮影した資料に関しては印刷してお渡ししますので、ご自宅でご家族との相談や精密検査に進むかどうかの検討材料としてご使用ください。

    カウンセリング
  2. 検査

    矯正用のレントゲン撮影、スキャナーによる口腔内データの取得、必要に応じてCT撮影を行います。基本的に印象材(白やピンクの粘土のようなもの)による型取りはしませんので、型取りで吐き気を催しやすい方でも安心して検査を受けられます。

    検査
  3. 診断

    検査結果と治療方針についてお話します。治療プランが複数ある場合はそれぞれのメリット、デメリットについてご説明しますので、それを踏まえた上で患者様と一緒に治療方法を選択します。また、診断書、契約書はしっかりと書面でお渡しします。

    診断
  4. 治療開始

    3〜5週間に一回のペースで通院が必要です。装置の使用状況によって、通院頻度は異なります。また、毎回の来院時には基本的にお口の中のクリーニングも行います。
    ※当日の治療内容が多い場合や診療時間に遅刻された場合は、クリーニングを行わないことがあります。

    治療開始
  5. 保定・メインテナンス

    動かしたばかりの歯は骨や歯周組織が安定していないため元の位置に戻ろうとします。矯正装置が外れた後は、歯ならびを維持していくために保定装置(リテーナー)で歯ならびの維持・安定を図ります。

    保定装置の種類は症例により異なりますが、基本的には日中使用する透明なマウスピースタイプのものと、ご自宅で使用する壊れにくいワイヤータイプの2種類をお渡ししますので保定期間も見た目を気にすることなくお過ごしいただけます。来院間隔は数ヶ月ごと(徐々に期間が空いていきます)で、期間としては最低でも2年間は来院いただき、歯ならび全体が安定するまで経過をみていきます。

    保定・メインテナンス

治療期間について

ケースにもよりますが平均3年前後で終了します。

〒263-0043
千葉県千葉市稲毛区小仲台6-19-28
FYSIIIビル1F

診療時間
10:00-13:30
15:00-18:30

△:隔週/□:月3日診療/休診日:祝日
※9:00-12:30・14:00-17:30
診療カレンダーはこちら

JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3分 JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3分

JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3