矯正の知識

矯正治療で歯を抜く理由

こんにちは、院長の戸嶋です。

最近は気温が高く、雨も多く、コロナの感染者数も世界一とネガティブなことが多いですね。そんな中、「歯列矯正をするなら歯を抜いてください。」と言われたらなっき面に蜂ですよね。

もちろん、私達も皆さんを困らせたくて歯を抜くことを勧めているわけではありませんが、治療目標の達成・治療後の安定を考えるとどうしても歯を抜かなくてはいけないお口の状態の方もいます。

 

今回はそんな歯を抜いての矯正治療についてのお話です。

矯正治療で健康な歯を抜くことに抵抗がある方はとても多いと思います。現代の歯科治療としても、なるべく削らずご自身の歯・歯質を残していこうという考えが主流ですので、歯を抜くことに抵抗があるのは当然の価値観だと思います。

ただ、頑張って残そうとしている歯はお口の中でしっかり機能していますか?他の歯に悪影響を及ぼしていないですか?

健康で食事の際にしっかり機能している健康な歯はもちろん残して置くほうが賢明です。しかし、八重歯のように上下で噛み合っていない歯、親知らずや隣の歯と重なって生えていていて歯磨きの邪魔になっている歯に関してはそのままの状態で残して置くことで、むしろお口の中の環境を悪化させてしまっている場合があります。

 

矯正治療ではこのような悪影響を及ぼしている歯をしっかり機能させるため、または他の歯への悪影響を取り除くために歯を抜く判断をすることがあります。

その他にもデコボコ・ガタガタがあまりにも強い場合は、無理に歯並びを広げて並べてしまうと口元が出てしまったり、歯茎が下がってしまったり、治療後の後戻りが起きやすくなってしまったりと悪影響が出てしまいます。

そもそも口元が出ていることが気になって矯正治療を検討している場合は、歯を抜かずに口元を引っ込める方法はかなり限られており、安定性の面でも疑問が残る方針になる場合があるため歯を抜く選択をすることが多いです。

 

「健康な歯を抜いていいのか」についてよく質問を受けますが、その歯一本だけを見ると健康な歯でも、お口の中全体で見るとその歯のせいでかみ合わせが崩れ、お口の環境を悪化させている場合があります。その際は一口腔内単位としてその歯は健康な歯とは言えないと判断しますので、私達としては健康な歯を抜いているというより、お口の状態を悪化させている不健康な歯という認識で抜歯を選択しています。

健康だと思っている歯も実はお口全体で見ると不健康な歯であることもありますので、一度お口の中全体を診てもらってから、歯を抜いて矯正治療を行うか検討してみると良いのではないかと思います。

 

 

千葉市の稲毛、稲毛海岸、新検見川で矯正歯科をお探しの方は稲毛駅徒歩3分のつみき矯正歯科稲毛に矯正相談に来てみてはいかがでしょうか。

当院では審美ブラケット(セラミック)、ホワイトワイヤーも追加料金無しで使用しています。

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台6-19-28FYSⅢビル1F

つみき矯正歯科稲毛

稲毛駅徒歩3分の矯正歯科|つみき矯正歯科稲毛

日付:   カテゴリ:矯正の知識

〒263-0043
千葉県千葉市稲毛区小仲台6-19-28
FYSIIIビル1F

診療時間
10:00-13:30
15:00-18:30

△:隔週/□:月3日診療/休診日:祝日
※9:00-12:30・14:00-17:30
診療カレンダーはこちら

JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3分 JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3分

JR総武本線「稲毛駅」より徒歩3